IPhone XS, XS Max, XRの違いを比較!

スマホ

iPhone Xの後継機モデル『iPhone XS』『iPhone XS Max』『iPhone XR』をご紹介します。
iPhone XSとiPhone XS Maxは2018年9月21日に発売、iPhone XRは2018年10月26日に発売されました。
3機種の基本スペックはほぼ同じですが、iPhone XSとiPhone XS Maxは画面の大きさが違います。
iPhone XRはiPhone Xの廉価版でiPhone XS、XS Maxよりも安いですが性能がやや劣ります。
今回はiPhone XS, XS Max, XRのどのような違いがあるのかご紹介します。

IPhone XS, XS Max, XRの違いを比較!

2018年秋にiPhone Xの系統を受け継ぐiPhone XS, XS Max, XRが発売されました。
iPhone好きな人にとっては3種類のうちどれを買うか悩ましい問題だと思います。
また、iPhone XS, XS Max XRはどれも決して安くない価格です。スペックの違い、どれがオススメなのかを紹介します。

iPhone XS, XS Max, XRのスペック

まずは3機種の基本スペックをご紹介します。
3機種の大きな違いとしては、液晶パネルや画面サイズになります。
iPhone XSとiPhone XS Maxは同じ有機ELパネルを採用していますが、iPhoneXRのみIPS液晶を採用しています。この点以外の細かい違いについては後述致します。

iPhone XS
CPUA12 Bionic
ディスプレイ5.8インチ 有機EL
解像度2436x1125
458ppi
メモリ(RAM)4GB
内部ストレージ64GB/256GB/512GB
外部ストレージなし
リアカメラ1200万画素(12メガピクセル)
インカメラ700万画素(7メガピクセル)
ネットワークWi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0対応
4G(LTE)
3G
バッテリー容量2,658mAh
サイズ(W)70.9 x (D)7.7 x (H)143.66mm
重量177g
iPhone XS MAX
CPUA12 Bionic
ディスプレイ6.5インチ 有機EL
解像度2688x1142
458ppi
メモリ(RAM)4GB
内部ストレージ64GB/256GB/512GB
外部ストレージなし
リアカメラ1200万画素(12メガピクセル)
インカメラ700万画素(7メガピクセル)
ネットワークWi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0対応
4G(LTE)
3G
バッテリー容量3174mAh
サイズ(W)77.4 x (D)7.7 x (H)157.5mm
重量208g
iPhone XR
CPUA12 Bionic
ディスプレイ6.1インチ IPS液晶
解像度1792x828
326ppi
メモリ(RAM)3GB
内部ストレージ64GB/256GB/512GB
外部ストレージなし
リアカメラ1200万画素(12メガピクセル)
インカメラ700万画素(7メガピクセル)
ネットワークWi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0対応
4G(LTE)
3G
バッテリー容量2942mAh
サイズ(W)75.7 x (D)8.3 x (H)150.9mm
重量194g

iPhone XS, XS Max, XRの特徴

DSDSに対応

iPhone XS, XS Max, XRはデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)に対応。iPhoneシリーズでは初のDSDS対応機種になります。

DSDSとは2枚のSIMを同時に待ち受けできる機能のことです。デュアルSIMデュアルスタンバイの他にデュアルSIMシングルスタンバイ(DSSS)がありますが、DSSSの場合はSIMカードを2枚挿せてもどちらか片方しか待ち受けができず、どちらのSIMを使うか切り替えが必要です。
iPhoneシリーズで初めてDSDSが実装されたiPhone XS, XS Max, XRでは、DSSSのような切り替え作業は不要です。

DSDSの利用例としては、仕事用のiPhoneと個人用のiPhoneの2台を用意する必要がなくなります。
DSDS対応のiPhone XS, XS Max, XRであれば仕事用のSIMカードと個人用のSIMカードを一つのiPhoneで管理することが可能です。

ただし、現状ではnano-SIMとeSIMのDSDS対応の為、日本ではnano-SIMしか利用できません。
iPhone XS, XS Max, XRでDSDSを利用したい今後eSIMの普及を待つ必要があります。

eSIMを採用


iPhone XS, XS Max, XRはNano SIMカードと埋め込み型SIM(eSIM)を採用。
eSIMは次世代SIM規格の一つで従来のカード型のSIMとは異なり、機種本体に埋め込まれているSIMです。これによりカード型より簡単にキャリアを変更することができます。
eSIMは利用者が任意のタイミングで利用するキャリアを切り替えることができるので、SIMカードの出荷段階で利用するキャリアを選択する必要がありません。
とても便利なeSIMなのですがまだ日本では未対応の為、使う事ができません。

電池が切れてもモバイルSuicaが使えるようになった


iPhone XS, XS Max, XRは電池が切れていてもモバイルSuicaの決済ができるようになりました。この機能は予備電源付きエクスプレスカードが実装しています。
iPhoneの電池が切れていても最大5時間ほど稼働させることができ、改札を出れないということがなくなります。
この機能はエクスプレスカードにしか使えないため、『iD』や『QuichPay』には対応していません。

CPUの性能が向上

iPhone XではApple A11 Bionicが搭載されていましたが、iPhone XS, XS Max, XRにはA11 Bionicのアップグレード版であるApple A12 Bionicが搭載されています。
A12 Bionicには高性能プロセッサVortexが2個、省電力に優れたTempestが4個積まれています。
Vortexは負荷の高い処理(ネットを見るなど)を担当しており、A11 Bionicと比べるとVortexの処理速度は最大15%高速になりました。
Tempestは日常的なタスクの処理(バックグラウンドでの簡易的な通信など)を行っており、A11 Bionicと比較して消費電力が最大50%少なくなりました。

A12 Bionicではこれらの高性能プロセッサ以外にもニューラルエンジンの搭載数が増えました。
ニューラルエンジンとはA11 Bionicから搭載されている人工知能(AI)であり、人の顔の判定や人の言葉の解析を得意としてます。
ニューラルエンジンの搭載数はA11 Bionicと比較して1個から8個に増えており、処理能力が向上しています。

ディスプレイが丈夫になった

iPhone XSとiPhone XS Maxは最も割れにくいガラスが採用されています。
iPhone XSだけでなくiPhone XやiPhone 8に関する記事を書いているアメリカの月刊誌『Consumer Reports』はiPhone XS 3台を2.5フィート(約76cm)の高さから50回落させるテストを行いました。
1台目は画面が割れましたが画面表示に問題は無く、2台目はリアカメラが損傷し、追加で50回落下させるとカメラは動作しなくなりましたが、ディスプレイは無事でした。
なお、Consumer ReportsはiPhone XS, XS Maxを使うなら保護ケースを使うことを勧めています。ディスプレイは頑丈だと言えますが、iPhoneの保護ケースがあるとさらに安心です。

iPhone XRに関してはフロントガラスのみ最も割れにくいガラスが用いられています。iPhone XS, XS Maxと比較するとiPhone XRは耐久性がやや低いので注意しましょう。

カメラ性能が進化した


iPhone XS, XS Max, XRに実装されたカメラはiPhone Xと比較して大きく進化しました。
iPhone Xと比較してカメラのセンサーの向上、使われているSoCがA11からA12にアップグレードしたことでカメラ性能が大きく進化しました。

新機能:スマートHDR

HDR(ハイダイナミックレンジ)とは夜の写真といった暗い写真から、街灯などの明るいところと暗い所の差をはっきりさせる撮影技法です。
iPhone XS, XS Max, XRに実装されたスマートHDRは、明るい場所と暗い場所でボケてしまう部分のより鮮明にする技術になります。

被写界深度が調整できるようになった

被写界深度とは、人物といった写真のメインとなるものと、それ以外のもののピントの合い具合の
ことを言います。iPhone XS, XS Max, XRでは被写界深度の調整を写真の撮影後にできるようになりました。
例えば、写真の中で人物と背景の違いをA12が経験をもとに、どれが人物でどれが背景なのかを判断します。これにより、iPhone XS,XS Max,XRでは写真の編集がしやすくなりました。

バッテリー駆動時間が伸びた

A12 Bionicの実装によることで、消費電力が50%少なくなりました。
Consumer Reportsによる実験によるとiPhone XS と iPhone XS Max はiPhone Xよりもバッテリー駆動時間が5時間延長しています。
これはA12 BionicのTempestが中心に動いているからだと考えられます。もしアプリケーションを動かすなどしてVortex中心に動いていたら結果に変化があると考えられます。

防水性能が上がった


iPhone 7以降から搭載されている防水機能も進化しました。
まずiPhone 7はIEC規格65029に基づくIP67等級に適合しています。
IP67の「6」にあたる数字は防塵、「7」に当たる数字は防水に当たる数字です。

(出典:日本エイ・ヴィ・シー株式会社 IP規格・防水保護構造及び保護等級)

iPhone 7以降のiPhoneは水の中に落ちても簡単に壊れないように設計されています。
そしてiPhone XS、iPhone XS MaxはiPhone 7以上に防水性能が上がっており、等級はIP68となっています。
このIP68というのはトップクラスの防塵,防水機能になります。
なお、iPhone XRはiPhone Xと変わらないIP67等級になります。

ステレオ録音ができるようになった

iPhone XS, XS Max, XRからステレオ録音ができるようになりました。
iPhone X以前のiPhoneはモノラルでしか録音できず、楽曲を録音するには不十分でした。
しかしステレオ録音ができるようになったことで、より高音質な録音ができるようになりました。
音楽編集のアプリがステレオ録音に対応できれば、iPhone X以上に充実した編集ができるでしょう。

iPhone Xとの違い


iPhone XS, XS Max, XRはiPhone Xと比較すると大きな変化はありませんが、細かな部分で変化がありました。

CPUについて

CPUはiPhone XではA11 Bionicが搭載されていましたが、iPhone XS, XS Max, XRではA12 Bionicへアップグレードされました。
コア性能がA12 Bionicでは向上しておりますが、他にも細かな点での変化があります。

コア→最大15%高速化、最大50%の省電力化を実現
グラフィック性能→最大50%高速化
人工知能(AI)→最大8倍高速化

A12 BionicはA11 Bionicと比較した場合、コア性能やグラフィックス性能が向上。プロセッサの性能が上がったことで、省電力や処理効率が上がりました。
また、人工知能であるニューラルエンジンの搭載数1個から8個に増えました。ニューラルエンジンは、A11 Bionicでは6000億OPS(一秒に何回処理できるか)でしたが、A12 Binoicでは5兆OPSの処理が可能となり、iPhone Xと比較した場合は約8倍処理能力が向上しています。

バッテリーについて

iPhone XS, XS MaxはiPhone Xよりバッテリー効率が50%向上しており、iPhone XRに関してはiPhone X以上のバッテリー効率があります。
具体的にどの程度のバッテリーの容量があるかというと、、、

iPhone X:2,716mAh
iPhone XS:2,658mAh
iPhone XS Max:3,174mAh
iPhoneXR:2,942mAh
※mAh…1時間に何ミリワット放出できるか

バッテリー容量ではiPhone XS Maxが最も多く、バッテリー駆動時間は最大で26時間になります。
iPhone XSは iPhone Xよりバッテリーの容量が少ないながらも性能が上がったことでバッテリー効率が向上しています。

ディスプレイについて

ディスプレイはiPhone XSにはiPhone Xとピクセル解像度や用いられている液晶などディスプレイの性能に関することすべてが同じです。
iPhone XS Maxはピクセル解像度が異なり、iPhone Xの2436×1125ピクセルに対し、iPhone XS MAXは2688×1242ピクセルになります。
廉価版であるiPhone XRでは有機ELより鮮やかさは劣るものの寿命が長いIPS液晶を採用しています。
ディスプレイの材質にはAppleの公式サイトによると『スマートフォン史上、最も強靭なガラス』が用いられています。

カメラについて

カメラについてはiPhone XS,XS Max,XRにスマートHDRが実装されました。レンズの数はiPhone XS,XS Maxがデュアルレンズであるのに対し、iPhone XRはシングルレンズとなっています。
iPhone XS, XS Max, XRではそのほかに深度コントロール(背景のボケ具合の調整)ができるようになりました。

写真を撮った後被写体深度を操作することで、背景のボケ具合を編集することができます。

iPhone XS, XS Max, XRの違いについて

iPhone XSとXS Maxの違い

iPhone XSとiPhone XS Maxには大きな違いはありませんが、iPhone XS MaxはiPhone XSの大型版の仕様になっています。
本体のサイズがiPhone XSが横70.9mm 縦143.6mmに対し、iPhone XS Maxが横77.4mm 縦157.5mmになります。それに合わせて液晶画面の大きさや重さも異なり、iPhone XSの2436×1125ピクセルに対し、iPhone XS MAXは2688×1242ピクセルです。
重量についてもiPhone XSが177gで、iPhone XS Maxが203gです。

iPhone XS:ディスプレイは2436×1125ピクセル、重量は177g
iPhone XS Max:ディスプレイは2436×1125ピクセル、重量は203g
iPhone XS Maxは画面サイズが大きくなった事で小さな文字なども見やすいですが、重量が増えています。女性方が利用するのであればiPhone XSのほうがおすすめです。

iPhone XSとiPhone XRの違い

iPhone XSとiPhone XRもいくつか違いがあります。
本体のサイズはiPhone XSの横70.9mm 縦143.6mmに対し、iPhone XRが横75.7mm 縦150.9mmです。
iPhone XSがカメラがデュアルレンズで液晶が有機ELであるのに対し、iPhone XRはカメラがシングルレンズで液晶がIPS液晶です。
バッテリー効率だとiPhone XRはピクセル密度の関係上1,080p画質の動画を再生できないため、バッテリー効率がiPhoneの中で最も長いものとなっています。

iPhone XS:液晶は有機EL、カメラはデュアルレンズ仕様
iPhone XR:液晶はIPS液晶、カメラはシングルレンズ仕様

値段を考えた場合、iPhone XRはiPhone XS, XS Maxよりお手頃で、iPhone Xよりも性能も上がっています。コストパフォーマンスを考えるとiPhone XRがおすすめです。

iPhone XS, XS Max, XRの評判

iPhone XS, XS Max, XRの評判はおおむね好評です。

iPhone 8以前から乗り換えた人の評判

iPhone 8以前のiPhoneからiPhone XS, XRに乗り換えたユーザにはとても好評です。
iPhone 8と比べるとiPhone XS, XRの性能は全体的に飛躍的に向上しており、乗り換えるメリットが大きいです。
CPU、ディスプレイ、カメラなどを比較してもはるかに性能が向上していることを体験できます。

iPhone Xからの乗り換えた人の評判

一方で、iPhone XからiPhone XSやiPhone XRに乗り換えるメリットはあまりありません。
iPhone Xに搭載されているA11 Bionicと比較した場合、iPhone XS, XRに搭載されているA12 Bionicの処理能力は向上しているものの、細かな点でのアップグレードが目立ちます。

iPhone XS Maxを買った人の評判

iPhone XS Maxはその大きさが最大の特徴となっています。大きくて使いにくいと感じる人もいたり、
その大きさからiPhone XS Maxを小さなタブレットPCと考えている人いもいました。

iPhone XRのカラーバリエーションの評判


iPhone XS, XS Maxのカラーバリエーションはゴールド、スペースグレイ、シルバーの3つですが、
iPhone XRは(Product)Red、イエロー、ホワイト、コーラル、ブラック、ブルーの6つがあります。
この中で人気なのは(Product)Redだそうです。
iPhone XRから初めて採用された色もあるので、購入時には色を選ぶ楽しみもあるかもしれません。

買うならどれがオススメか

iPhone 7以前の旧iPhone, iPhone 7, iPhone 8をお持ちの方がiPhone XS, XS MAX, XRへ乗り換える価値は十分にあります。
もし画面が大きいのを希望したい場合はiPhone XS Maxがオススメですが、今まで通りが良いのであればiPhone XS, XRがオススメです。
この二つなら高性能なiPhone XS がいいと思われるかもしれませんが、iPhone XRも決して劣るものではありません。
iPhone XRはA12 Bionicを搭載しているので処理能力はiPhone XSと同じです。
それにiPhone XRはどの色を選ぶか、という楽しみがあるのではないでしょうか?

iPhone 7, iPhone 8からiPhone XS, XS Max, XRへの乗り換え価値は十分アリ!
大きい画面を希望する人はiPhone XS Maxがオススメ!
iPhone Xをお持ちの方は、正直なところ乗り換える必要性はそこまでありません。
もし乗り換えるとしたら画面の大きいiPhone XS Maxへの乗り換えがオススメです。

格安SIMを使う事でお得に!

iPhoneはAndroidのスマホに比べると高額になりますので月々の通信費は節約しましょう。
ドコモ・au・ソフトバンクなどの大手通信キャリアをご利用しているのであれば格安SIMに乗り換える事でiPhoneをお得に使う事ができます。
詳しくは当サイトにて解説していおりますのでぜひご覧ください!

コメント