コストモバイル

スマホのお悩みはコストモバイルにお任せ!

徹底解説!Huawei / HUAWEI P9 lite スペックや評判のまとめ

   

Pocket

huaweip9lite

2016年6月17日発売のHuawei / HUAWEI P9 liteです。
上位モデルHUAWEI P9が存在しますが、HUAWEI P9 liteは価格面で魅力的な格安スマホです。
HUAWEI P9 liteは3万円台で購入可能な格安スマホではかなり高性能なCPUを搭載。
最近は標準搭載が増えてきた指紋認証にも対応しています。

スポンサーリンク

Huawei / HUAWEI P9 lite

HUAWEI P9 liteはAndroid 6.0を搭載した格安スマホです。
高性能なCPUと比較的容量が多いバッテリーを搭載。
最近は標準搭載が増えてきた指紋認証に対応。
性能や価格が魅力的で発売当初から人気のある格安スマホです。

Huawei / HUAWEI P9 lite 気になるポイント

高性能な8コアCPUを採用

HUAWEI P9 liteはCPUにHiSilicon社製のHUAWEI Kirin 650を採用。
Kirin 650は2016年発売のCPUでミドルエンドCPUになります。
上位モデルとしてKirin 955が存在し、Kirin 955はHuawei P9に採用されています。
Kirin 650の特徴は3Dゲームなどを中心とした高性能なゲームを快適に遊べる点です。
3万円台の中ではゲームや動画などあらゆる場面で快適です。
同価格帯の中でも高性能なCPUを採用しているのがHUAWEI P9 liteの強みになります。

ディスプレイは5.2インチのISPパネル採用のフルHD

HUAWEI P9 liteはディスプレイに5.2インチサイズのディスプレイを採用。
最近は5.0~6.0の中間サイズを採用するのがトレンドになっています。
画面は大きいのが欲しいけれど、あまり大きすぎないようなのを狙っているようです。
ディスプレイはこの他にIPSパネルを採用、解像度はフルHD(1920×1080)になります。

指紋センサーを採用

2016年の3万円台の機種には指紋センサーを標準搭載する機種が爆発的に増えました。
格安スマホでも指紋センサーを搭載しているのが一般的になっています。
HUAWEI P9 liteも例に漏れず指紋センサーを採用しています。
指紋センサーは背面に設置されており、画面ロック解除などに使えます。

価格は3万円台、数多くの格安SIM会社から発売

HUAWEI P9 liteは税抜きでは2万9980円と3万円以下で買える格安スマホになります。
入手手段が豊富で数多くの格安SIM会社から販売が行われています。
個別に購入する場合はAmazonのネット販売などでも購入可能です。

Huawei / HUAWEI P9 lite スペック

Huawei / HUAWEI P9 LITE
huawei-p9-lite-r1
CPUHuawei
Kirin650 8コア 2.0GHz
ディスプレイ5.2インチ IPS
フルHD(1920x1080)
メモリ(RAM)2GB
内部ストレージ16GB
外部ストレージmicroSD(最大128GB)
リアカメラ1300万画素
インカメラ800万画素
ネットワークWi-Fi 802.11 b/g/n
Bluetooth 4.1対応
バッテリー容量3000mAh
サイズ146.8 × 72.6 × 7.5 mm
重量147g

Huawei / HUAWEI P9 lite 比較

HUAWEI P9 liteは3万円台のミドルエンドモデルです。
今回は同価格の格安スマホと比較をして行きます。
1台はHuawei / HUAWEI GR5です。同じHuaweiの格安スマホで価格は3万円台になります。
もう1台はFREETEL / SAMURAI REIです。税抜きでは2万9900円の格安スマホになります。

 Huawei / HUAWEI P9 LITEHuawei / GR5FREETEL / SAMURAI REI
huawei-p9-lite-r1GR5samurai_rei
CPUHuawei
Kirin650 8コア 2.0GHz
Qualcomm
Snapdragon 616 8コア 1.5GHz
MediaTek
MT6753 8コア 1.3GHz
ディスプレイ5.2インチ IPS
フルHD(1920x1080)
5.5インチ IPS
フルHD(1920 x 1080)
5.2インチ IPS
フルHD(1920x1080)
メモリ(RAM)2GB2GB2GB
内部ストレージ16GB16GB32GB
外部ストレージmicroSD(最大128GB)microSD(最大128GB)microSD(最大128GB)
リアカメラ1300万画素1300万画素1300万画素
インカメラ800万画素500万画素800万画素
ネットワークWi-Fi 802.11 b/g/n
Bluetooth 4.1対応
Wi-Fi 802.11 b/g/n
Bluetooth 4.1対応
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n
Bluetooth 4.0対応
バッテリー容量3000mAh3000mAh2800mAh
サイズ146.8 × 72.6 × 7.5 mm151.3 × 76.3 × 8.15 mm145.8 × 71.5 × 7.2 mm
重量147g158g136g
価格2万9980円3万4800円2万9900円
性能をチェック

HUAWEI P9 liteはKirin 650を搭載。
2016年に発表されたKirin 650はミドルエンドCPUの中ではトップクラスの性能を持っています。
GR5もかなり高性能な8コア仕様のSnapdragon 616を採用していますが、GR5のCPUよりも性能が良いです。
SAMURAI REIと比べても性能面ではKirin 650の方が高性能です。
CPUに性能に関しては同価格帯では敵なしです。

ディスプレイをチェック

HUAWEI P9 liteは5.2インチ フルHD(1920×1080) IPSディスプレイを採用。
最近は5.5インチを採用することが増えているのですが、少し小さい5.2インチを採用しています。
大きさで選ぶとGR5が5.5インチを採用しており一番大きいサイズになります。

カメラ周辺をチェック

HUAWEI P9 liteはリアカメラが1300万画素、インカメラが800万画素です。
リアカメラはソニー製の積層型CMOSセンサーを採用。
性能に関してはまぁまぁ良いリアカメラだと思います。
高性能なカメラを採用するとなると価格が高騰するので多少割り切って考える必要がありますね。
しかし、日本製のセンサーを採用しているのは安心・信頼できます。

バッテリーをチェック

HUAWEI P9 liteのバッテリー容量は3000mAhです。
他の製品もだいたい3000mAh前後あります。
一般的なバッテリー容量は2000mAh前後になるのでバッテリー容量は比較的多い方です。
もし外出先で長時間使う場合はモバイルバッテリーを用意しましょう。

Huawei / HUAWEI P9 lite レビュー・感想・評判

HUAWEI P9 liteは発売直後にAmazonの売れ筋ランキング3位にランクイン。
人気のある格安スマホであることは間違いありません。

少し疑問に思うのはHuaweiは2月にGR5を発売しています。
販売当初は3万円ではコスパの良い格安スマホとして注目のあった格安スマホです。
今回発表したHUAWEI P9 liteも同じ3万円台の格安スマホになります。
性能面や価格を考えてもGR5よりHUAWEI P9 liteの方がオススメできます。
同価格帯で似たような機種が出てくると何を買って良いのかわからなくなるので統一して欲しいです。。。

性能面では敵なし

Huawei P9 liteが採用しているKirin 650は8コア仕様の高性能なCPUです。
3万円台ではかなり高性能なCPUを採用しており、同価格帯では敵なしです。
性能面では文句がないのがHuawei P9 liteの特徴になります。

HUAWEI P9との違い

Huawei P9 liteは上位モデルにHUAWEI P9があります。
HUAWEI P9は価格帯が5万円台とHUAWEI P9 liteよりも2万円ほど高いです。
CPUはKirin 650よりも高性能なKirin 955を採用しており、ハイエンドなスマートフォンになっています。
HUAWEI P9とは価格帯に違いがあるのですみ分けができています。

Huawei / HUAWEI P9 lite 価格表・購入方法

HUAWEI P9 liteは税込みでは3万円台になります。
購入方法は数多くあります。Amazonや格安SIM会社などで購入可能です。
お店によってはセールやキャンペーンでお得な事があります。
定期的にキャンペーンをチェックするとお得な場合があります。
当サイトでも最新のキャンペーン情報について紹介をしています。

Amazon

Pocket

今月のオススメ格安SIMは楽天モバイル!

人気格安スマホの半額セール実施中!
Arrowx RM02が1万円台で購入可能!


スポンサーリンク


 - スマホ