コストモバイル

スマホのお悩みはコストモバイルにお任せ!

徹底解説!Windows Phone 10の運用・購入方法について

   

Pocket

スマートフォンと言えばiPhoneやAndroidが有名ですが、Windowsでお馴染みのMicrosoftもスマートフォンを発表しています。
Microsoftは以前からWindows Phoneを販売していましたが、最近になりWindows 10を搭載したWindows 10 Mobileを発表しました。
Windows 10 Mobileはスマートフォンに限らずタブレットやPCにも搭載可能で、同じOSならアプリ、サービスが利用可能です。

スポンサーリンク

Windows 10 Mobileとは

モバイル向けのOSとしてはiPhoneに搭載されているiOSやAndroidが代表的です。しかし、他にも数々のOSがありました。
過去にはBlackBerry OS, Firefox OS, TizenなどのOSがあり、Windowsで有名なMicrosoftもWindows Phoneを提供しています。
Microsoftは2015年になりWindows 10 Mobileの発表を行いました。このWindows 10 Mobileは以前から提供しているWindows Phoneにはない特徴がいくつかあります。
大々的に発表しているのはPCと同じような操作が可能になるContinuumがあります。他にもWord, Excelなどが使えるOffice Mobileが搭載。
2015年後半にはWindows 10 Mobileを搭載したスマートフォンが登場しました。

Windows 10 Mobileのメリット

スマホ・PC・タブレットで同じアプリが動作する

Windows 10ではあらゆる機器でアプリの共有が可能になるユニバーサルウィンドウズアプリに対応。
利用する機器に合わせて画面サイズが自動的に切り替わる便利な機能も搭載されています。

スマートフォンがPCになれる

スマートフォンと外部ディスプレイを接続すると、アプリの表示を外部ディスプレイの画面サイズに合わせて切り替えてくれます。
キーボードやマウスをつなぐとUIタッチからキーボード操作用のUIに切り替わる機能もあり、利用状況に合わせた操作に最適化されます。

Word・Excelなどが使えるOfficeが標準で搭載

WordやExcelが利用できるOffice Mobileが標準で搭載されています。Officeの閲覧や編集作業が可能です。
外出先で編集作業ができるので結構便利な機能です。また、Windows Phoneをプロジェクターなどと接続を行い、パワポでプレゼンすることも可能です。

ファイル管理が簡単

AndroidやiPhoneでも搭載されているファイル管理機能のファイルマネージャーが搭載されています。
Windows Phone内のデータと検索したり、移動・コピー、削除などを簡単に行うことができます。
動画や写真の整理にとても便利で、仕事で必要な資料などを管理する上でも役立ちます。

AndroidやiPhoneから乗り換えが簡単

Windows Phoneに搭載されている電話帳移行機能を使うことで、今まで使っていたスマホから簡単に電話帳データを移行できます。
使い方が簡単なので、AndroidやiPhoneを使っている人でも簡単に乗り換えが可能です。

Windows 10 Mobileのデメリット

対応しているアプリが少ない

AndroidやiPhoneと比べた場合、Windows 10 Mobileに対応しているアプリが少ないです。
普段AndroidやiPhoneで遊んでいるゲームが対応していない場合などもあるので、アプリの少なさは不便を感じることがあります。

Windows 10 Mobile搭載の端末が少ない

2015年の後半からWindows 10 Mobileを搭載したスマートフォンが発売されましたが、まだまだ端末が少ないです。
国内で購入しようと思っても数社から発表されているぐらいなので、今後選択肢が増えていく予定です。

Windows 10 Mobileの最大の特徴 Continuum

Windows 10 Mobile搭載のスマホやタブレットはパソコンのように使える機能Contnuum(コンティニアム)が搭載されています。
スマホやタブレットを外部ディスプレイと接続すると、アプリの表示を外部ディスプレイのサイズに合わせてくれます。
キーボードやマウスと繋いだ場合は、タッチUIからキー操作用のUIに変更されるなどの機能も搭載されています。
Windows 10 Mobileは利用状況に合わせてアプリの操作方法や最適化が行われます。
この機能を利用することで、普段PCで動画やメールの閲覧などの使い方をしている人にはほとんど不便なく同じことが可能です。

Continuumの使い方

実際にContinuumを使いたい場合は、接続したいモニター、Continuum対応のWindows Phone、Display Dockが必要になります。
Display Dockは、Windows Phoneをディスプレイに接続する為に必要な変換器になります。
大きさは手のひらサイズで、Windows Phoneとディスプレイの接続にはHDMIやDisplayPortを使います。

Windows 10 Mobile搭載のスマートフォン

2015年後半からWindows 10 Mobile搭載のスマートフォンが海外で発売されました。
国内では2015年11月頃から製品の発表・販売が行われています。
2016年の1月までに発売されている製品はまだ10製品以下ですが、代表的な製品はいくつかを紹介します。

freetel KATANA 01

katana 01

格安スマホや格安SIMを販売するfreetelから発売されたWindows 10 Mobile搭載のスマートフォンです。
国内最速の触れ込みで2015年11月30日に発売されました。発売当時の価格は1万2800円とかなり安いです。
発売直後ではWindows 10 Mobile搭載としては最安値なので、入門機としてオススメの端末です。

freetel KATANA 01 スペック

OS: Windows 10 Mobile
ディスプレイ: 4.5インチ 480×854
CPU: Snapdragon 210 4コア 1.1GHz
RAM: 1GB
内部ストレージ: 8GB
外部ストレージ: microSD(最大32GB)
リアカメラ: 500万画素
インカメラ: 200万画素
ネットワーク: LTE/WiFi/Bluetooth
バッテリー容量: 1700mAh
サイズ: 132.8 × 66.3 × 8.9 mm
重量: 132g

freetel KATANA 01 レビュー・感想・評判

価格が1万2800円とかなり安いこともありネット上でのレビュー数が多いです。しかし、現行の最新機種と比べると性能面では勝てません。
操作でフリーズすることはないですが、操作の反応がちょっと遅いと感じる場面があります。最近のスマートフォンに比べると操作は少し不満があるかも知れません。

freetel KATANA 01 購入方法

KATANA 01はAmazonなどのネット通販で購入可能です。

freetel KATANA 02

katana02

KATANA 02はfreetelが2015年11月に発売したKATANA 01の後継機になります。
ディスプレイが4.5インチから5.0インチに変更、内部ストレージが8GBから16GBに変更されるなど性能面で改良が行われています。
発売は2016年1月14日で価格は1万9800円前後になります。

freetel KATANA 02 スペック

OS: Windows 10 Mobile
ディスプレイ: 5インチ 720×1280
CPU: Snapdragon 210 4コア 1.1GHz
RAM: 2GB
内部ストレージ: 16GB
外部ストレージ: microSD(最大32GB)
リアカメラ: 800万画素
インカメラ: 200万画素
ネットワーク: LTE/WiFi/Bluetooth
バッテリー容量: 2600mAh
サイズ: 141 × 72 × 8.9 mm
重量: 159g

freetel KATANA 02 レビュー・感想・評判

KATANA 02は2016年1月発売ですが、2015年12月25日に先行販売が行われました。
台数は100台なのでかなり少数なので、ネット上の感想や評判についてはほとんどありませんでした。

freetel KATANA 02 購入方法

KATANA 02はAmazonなどのネット通販で購入可能です。

トリニティ NuAns NEO

nuansneo

iPhoneなどのカバーやアクセサリを販売しているトリニティが販売するWindows 10 Mobile搭載のNuAns NEOです。
発売は2016年1月、価格は3万9800円になります。NuAns NEOは性能や価格帯からミドルエンドモデルになります。
NuAns NEOは自分の好きなカバーに変更可能で、木材を素材としたカバーに変更したりレザーを素材としたカバーに変更することが可能です。

トリニティ NuAns NEO スペック

OS: Windows 10 Mobile
ディスプレイ: 5インチ 720×1280
CPU: Snapdragon 617 8コア 1.5GHz
RAM: 2GB
内部ストレージ: 16GB
外部ストレージ: microSD(最大128GB)
リアカメラ: 1300万画素
インカメラ: 500万画素
ネットワーク: LTE/WiFi/Bluetooth
バッテリー容量: 3350mAh
サイズ: 141 × 74.2 × 11.3 mm
重量: 150g

トリニティ NuAns NEO レビュー・感想・評判

NuAns NEOの性能はKATANA 01よりも上で、公式ではないもののContinuum対応しています。
CPUは8コアなので性能については不満な点はないです。バッテリーの容量も他と比べるとかなり多いので十分です。

トリニティ NuAns NEO 購入方法

NuAns NEOはAmazonなどのネット通販で購入可能です。
2016年1月24日までは、U-mobileの格安SIMとセットで申し込むとお得なキャンペーンがあります。

U-mobile キャンペーン

U-mobile通話プラス契約事務手数料3,000円(税抜)が無料!
NuAns NEO用「FILP」(2,970円相当)をプレゼント!

Pocket

今月のオススメ格安SIMは楽天モバイル!

人気格安スマホの半額セール実施中!
Arrowx RM02が1万円台で購入可能!


スポンサーリンク


 - スマホ