コストモバイル

スマホのお悩みはコストモバイルにお任せ!

徹底解説!FREETEL / FREETEL MUSASHI スペックや評判のまとめ

   

Pocket

freetel musashi

2016年3月26日発売のFREETEL / FREETEL MUSASHIです。
FREETEL MUSASHIはデュアルディスプレイを採用した二つ折りのAndroidスマートフォンです。
最近はあまり見かける機会がなくなったガラケーとよく似た作りになっています。
ガラケーのような操作が可能であり、折りたためば4インチのスマートフォンとして利用できる面白いスマートフォンです。

スポンサーリンク

FREETEL / FREETEL MUSASHI

FREETEL / FREETEL MUSASHIはデュアルディスプレイを採用した二つ折りのAndroidスマートフォンです。
価格は2万円台でガラケーに似ている一風変わったスマートフォンです。
性能はハイスペックではありませんが、ガラケーに似た操作ができ、折りたためばスマートフォンに変身。
今までガラケーに使い慣れているユーザーにはオススメです。

FREETEL / FREETEL MUSASHI スペック

FREETEL / FREETEL MUSASHI
freetel musashi
CPUMediaTek
MT6735M 4コア 1.0GHz
ディスプレイ4インチ デュアルディスプレイ
WVGA(800x480)
メモリ(RAM)1GB
内部ストレージ8GB
外部ストレージmicroSD(最大128GB)
リアカメラ800万画素
インカメラ200万画素
ネットワークWi-Fi 802.11 a/b/g/n
Bluetooth 4.0対応
バッテリー容量2000mAh
サイズ123.1 × 63.1 × 17.6 mm
重量198g

FREETEL / FREETEL MUSASHI 比較

今回はちょっと困った問題が発生しました。
FREETEL MUSASHIのようなコンセプトのスマートフォンは最近発売されていません。
2014年頃に発売されたドコモのガラケーと比較しようかと考えましたが、機種が古すぎるので断念。
ガラケーと比較しようと思っていましたが、コレといった製品が見つからないのです。
仕方ないので今回は2万円台で人気のある格安スマホと比較して行きます。
先に説明しておきますが、FREETEL MUSASHIはガラケーに似たコンセプトのスマートフォンです。
正直コストパフォーマンスに優れた2万円台の格安スマホとは勝負で負けている点があります。
あくまで参考程度に比較しております。

前置きが長くて申し訳ない。
今回は2万円台で人気のある製品と比較します。
2万円台で人気があるのは富士通 / arrows M02ASUS / ZenFone 2 Laserです。
どちらも2万円台で購入できる格安スマホの中でダントツの人気があります。

 FREETEL / FREETEL MUSASHI富士通 / arrows M02ASUS / ZenFone 2 Laser
freetel musashiarrosM02zenfone 2 laser
CPUMediaTek
MT6735M 4コア 1.0GHz
Qualcomm
Snapdragon 410 4コア 1.2GHz
Qualcomm
Snapdragon 410 4コア 1.2GHz
ディスプレイ4インチ デュアルディスプレイ
WVGA(800x480)
5インチ 有機EL
1280×720
5インチ IPS
1280×720
メモリ(RAM)1GB2GB2GB
内部ストレージ8GB16GB16GB
外部ストレージmicroSD(最大128GB)microSDHC(最大32GB)microSDHC/SDXC(最大128GB)
リアカメラ800万画素810万画素1300万画素
インカメラ200万画素240万画素500万画素
ネットワークWi-Fi 802.11 a/b/g/n
Bluetooth 4.0対応
Wi-Fi 802.11 b/g/n
Bluetooth 4.1対応
Wi-Fi 802.11 b/g/n
Bluetooth 4.0対応
バッテリー容量2000mAh2330mAh2400mAh
サイズ123.1 × 63.1 × 17.6 mm141 × 68.9 × 8.6 mm143 × 71.5 × 10.5 mm
重量198g149g145g
価格2万4800円2万9800円2万7800円

性能をチェック

FREETEL MUSASHIはMediaTek MT6735Mを搭載。
FREETELの製品はMediaTekのCPUを搭載する事が多いです。今回もMediaTekの製品を採用していますね。
他の製品同様に4コア仕様なので性能的にはそこそこです。
ガラケーに似たコンセプトですが、スマホで動画視聴やゲームをプレイ可能です。
惜しい点としては、メモリや内部ストレージが他の製品より劣っています。
メモリは1GBで内部ストレージは8GBになります。正直メモリは2GBは欲しかったです。
ネットで色んな調べ物をしたりする時にちょっと不便を感じるかも知れません。

ディスプレイをチェック

FREETEL MUSASHIは4インチ WVGA(800×480)のデュアルディスプレイを採用。
裏表にディスプレイを採用しており、折りたたむと4インチのスマートフォンになります。
一風変わった仕様ですが、ガラケーと同じ操作ができて、折りたためばスマートフォンになります。
今までガラケーを使ってきたユーザーは従来通りの操作に加えて、折りたたんでスマートフォンの使い方を学べます。
FREETEL MUSASHIはこの2つの操作を使い分けできるのが面白いです。

カメラ周辺をチェック

FREETEL MUSASHIはリアカメラが800万画素、インカメラが200万画素です。
インカメラの性能はお世辞にも良い訳ではありません。使う場合はリアカメラをメインに使いましょう。

バッテリーをチェック

FREETEL MUSASHIのバッテリー容量は2000mAhと他の製品よりもちょっと少なめです。
ディスプレイが他の製品と比較すると一回り小さいのでバッテリーが少なくとも気にする点ないかと思います。
外出先で毎日長時間使う場合はモバイルバッテリーを用意しましょう。

FREETEL / FREETEL MUSASHI レビュー・感想・評判

FREETEL MUSASHIはデュアルディスプレイ仕様のガラケー風なスマートフォンです。
一風変わった仕様でありながら、ガラケーに似た操作が可能な面白いスマートフォンです。
評判としてはかなりスマートフォン寄りなガラケーと言う感想が多いです。
物理キーを搭載したスマートフォンだと考えるのが良いかと思います。

ガラケーに慣れてる年配の方にはオススメ

FREETEL MUSASHIはスマートフォン仕様ではあるものの、ガラケー風の作りになっています。
かなりスマホ寄りではあるものの、見た目はほぼガラケーです。
今までガラケーに慣れている方がスマートフォンを使ってみたい場合にオススメです。
どちらかと言えば若者よりも年配者の方にオススメしたいスマートフォンになります。

FREETEL / FREETEL MUSASHI 価格表・購入方法

FREETEL MUSASHIはAmazonから購入可能です。
格安スマホはセールやキャンペーンでお得な事があります。
定期的にキャンペーンをチェックするとお得な場合があります。
当サイトでも最新のキャンペーン情報について紹介をしています。

Amazon

Pocket

今月のオススメ格安SIMは楽天モバイル!

人気格安スマホの半額セール実施中!
Arrowx RM02が1万円台で購入可能!


スポンサーリンク


 - スマホ