コストモバイル

スマホのお悩みはコストモバイルにお任せ!

徹底解説!ASUS / ZenFone3 スペックや評判のまとめ

   

Pocket

zenfone3

2016年夏発売予定のASUS / ZenFone3です。
ZenFone Go, ZenFone MAXなどASUSの中でも人気のあるZenFoneシリーズ。
今回発表されたモデルはZenFone3シリーズの最新版です。
高性能・大画面・低価格の三拍子とAndroid 6.0を搭載。
今後注目して行きたいスマートフォンです。

スポンサーリンク

ASUS / ZenFone3

ZenFone3はAndroid 6.0を搭載したコストパフォーマンスに優れたスマートフォンです。
発表されたモデルはZenFone3, ZenFone3 Deluxe, ZenFone3 Ultraの3種類。
この記事ではZenFone3を中心に紹介して行きます。

ASUS / ZenFone3 気になるポイント

背面に2.5Dガラスを採用

ZenFone3は背面に2.5Dガラスを採用。
フレームはメタル素材で筐体にはかなりこだわりがあります。
2.5Dガラスは簡単に説明すると角を丸くして通常のガラス加工よりも高度な技術を使います。
最近はXperia X Performance, GR5など様々なスマートフォンで採用されています。

CPUはSnapdragon 625、メモリは3~4GB

ZenFone3はCPUにSnapdragon 625を採用。
メモリは3GB、4GBのモデルがあります。
Snapdragon 625は2016年に発表されたCPUです。
8コア仕様、最大動作クロック2.0GHzの高性能なCPUです。
CPUの詳細は『Qualcommが2016年後半に登場する最新SoC『Snapdragon 625/435/425』を発表!』で解説しています。

ディスプレイは5.5インチのISPパネル採用のフルHD

ZenFone3は最近主流の5.0インチと6.0インチの中間サイズである5.5インチを採用。
IPSパネルを採用しており、解像度はフルHD(1920×1080)になります。
最近はこの5.5インチでフルHDの仕様が多くなってきています。

価格は2万円台

ZenFone3の最安値モデルは2万7000円~8000円と予想されています。
性能を考えるとコストパフォーマンスはトップクラスです。
ZenFone2の人は乗り換えを検討しても良いでしょう。
今後格安スマホを買うか悩んでいる人にはオススメの1台です。

ASUS / ZenFone3 スペック

ASUS / ZenFone3
zenfone3
CPUQualcomm
Snapdragon 625
8コア 2.0GHz
ディスプレイ5.5インチ IPS
フルHD(1920x1080)
メモリ(RAM)3/4GB
内部ストレージ32/64GB
外部ストレージmicroSD(最大128GB)
リアカメラ1600万画素
インカメラ800万画素
ネットワークWi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2対応
LTE
3G
バッテリー容量3000mAh
サイズ152.59 × 77.38 × 7.69mm
重量155g

ASUS / ZenFone3 比較

ZenFone3は2万円台のミドルエンドモデルです。
2016年前半の格安スマホの中ではトップクラスのコストパフォーマンスになります。
今回は2万円台のコストパフォーマンスに優れた格安スマホと比較して行きます。
1台はASUS / ZenFone Goです。同じZenFoneシリーズの製品になります。
もう1台はFREETEL / SAMURAI REIです。税抜き2万9900円の格安スマホになります。

 ASUS / ZenFone3ZenFone Go FREETEL / SAMURAI REI
zenfone3zenfone gosamurai_rei
CPUQualcomm
Snapdragon 625
8コア 2.0GHz
Qualcomm
Snapdragon 400 4コア 1.4GHz
MediaTek
MT6753 8コア 1.3GHz
ディスプレイ5.5インチ IPS
フルHD(1920x1080)
5.5インチ IPS
1280x720
5.2インチ IPS
FullHD(1920x1080)
メモリ(RAM)3/4GB2GB2GB
内部ストレージ32/64GB16GB32GB
外部ストレージmicroSD(最大128GB)microSD(最大64GB)microSD(最大128GB)
リアカメラ1600万画素800万画素1300万画素
インカメラ800万画素500万画素800万画素
ネットワークWi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2対応
Wi-Fi 802.11 b/g/n
Bluetooth 4.0対応
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n
Bluetooth 4.0対応
バッテリー容量3000mAh3010mAh2800mAh
サイズ152.59 × 77.38 × 7.69mm151 × 76.9 × 10.7 mm145.8 × 71.5 × 7.2 mm
重量155g160g136g
価格2万7800円2万1380円2万9900円
性能をチェック

ZenFone3はSnapdragon 625を搭載。
2016年に発表されたSnapdragon 600シリーズになります。
性能に関しては800シリーズの下位モデルですが、性能は十分あります。
ZenFone Goは400シリーズを採用しているので、ZenFone3の方が性能では上です。
SAMURAI REIとは良い勝負だと思います。この点はベンチマークなどの結果次第ですかね。
個人的にはメモリが3GBか4GB選べたりする自由度からZenFone3の方がオススメです。

ディスプレイをチェック

ZenFone3は5.5インチ フルHD(1920×1080) IPSディスプレイを採用。
大画面で高解像度ですが、5.5インチは女性にはちょっと大きいかと思います。
最近この5インチと6インチの中間5.5インチサイズが主流になっています。
片手で画面の端から端まで操作するのは男性でも指の長さによっては難しいです。
自分も5.5インチのスマートフォンを1台持っていますが、片手操作は苦労します。

カメラ周辺をチェック

ZenFone3はリアカメラが1600万画素、インカメラが800万画素です。
ZenFone2シリーズから搭載されているレーザーオートフォーカスが改良。
レーザーで焦点を合わせられる距離が30cmから120cmに延長。
最速0.03秒の超高速オートフォーカスが可能です。
カメラの画素数では他の製品と比べるとリアカメラの性能は優秀です。
機能面でもレーザーオートフォーカスが魅力的です。

バッテリーをチェック

ZenFone3のバッテリー容量は3000mAhです。
他の製品もだいたい3000mAh前後です。
SAMURAI REIより若干バッテリー容量は多いです。
もし外出先で長時間使う場合はモバイルバッテリーを用意しましょう。

ASUS / ZenFone3 レビュー・感想・評判

ZenFone3の前評判は良いです。性能と価格が優れている点から注目されています。
今回は3機種が同時発表され、最も価格が安いのがZenFone3になります。
個人的に上位モデルのZenFone Deluxe, ZenFone3 Ultraも魅力的だと思います。
只、価格が5万円以上するので他の製品などを検討したくなります。
人気が出そうならZenFone Deluxe, ZenFone3 Ultraの記事も検討中です。

性能面では文句なし、今後の2万円台の主流にもなりそう

ZenFone3はSnapdragon 600シリーズでは最新のSnapdragon 625を搭載。
2016年に発表されたCPUを即座に採用しながらも価格は2万円台。
2万円だと一世代前のCPUなどを採用する例もありますが、ZenFone3は最新CPUを採用です。
メモリやストレージは選択式なので自分好みの容量を選べます。

日本での販売が濃厚なのはZenFone3

同時発表された3機種はどれも海外で発表された情報になります。
日本で販売が濃厚なのは日本のモバイル通信に幅広く対応しているZenFone3です。
海外から輸入を検討している人などはちょっと待てばZenFone3が日本でも手に入ると思います。

ASUS / ZenFone3 価格表・購入方法

ZenFone3は2万7000円~8000円と予想されています。
格安スマホはセールやキャンペーンでお得な事があります。
定期的にキャンペーンをチェックするとお得な場合があります。
当サイトでも最新のキャンペーン情報について紹介をしています。

Pocket

今月のオススメ格安SIMは楽天モバイル!

人気格安スマホの半額セール実施中!
Arrowx RM02が1万円台で購入可能!


スポンサーリンク


 - スマホ