コストモバイル

スマホのお悩みはコストモバイルにお任せ!

徹底解説!富士通 arrows M03/RM03 スペックや評判のまとめ

   

Pocket

m03

2016年7月下旬発売の富士通 arrows M03/RM03です。
arrows M03/RM03は人気格安スマホarrows M03/RM02の後継機版になります。
なお、型番はほぼarrows M03で統一されています。
楽天モバイルから発売されている端末のみarrows RM03になります。
型番以外にスペックや仕様に違いはないので気にしなくて大丈夫です。
arrows M03はAndroid 6.0を標準搭載。防水・防塵対応で機能面ではarrows M02と似ています。
SIMはドコモ系・au系どちらの回線にも対応しています。

スポンサーリンク

富士通 arrows M03/RM03

arrows M03はarrows M02の後継機種として発表された格安スマホです。
arrows M02の性能・特徴を継承しており、発売直後から人気のある格安スマホになります。
OSは最新のAndroid 6.0に対応しており、機能面では防水・防塵対応。
バッテリーは若干ながら増量しており、本体は8.9mmから7.8mmに薄型化されています。
その他には従来通りおサイフケータイに対応。全体的にarrows M02を機能面で充実させた感じです。
性能よりも機能面で優れている点が多く、国内販売に実力のある富士通らしさが伝わってきます。

富士通 arrows M03/RM03 気になるポイント

回線はドコモ系・au系どちらにも対応

arrows M03はドコモ系・au系どちらの回線でも使えます。
au系のお店でarrowsM03を購入しても後でドコモ系の回線への乗り換えが出来ます。
回線の変更の為にスマホを乗り換える必要がないのでお得に乗り換えが出来ます。

防水・防塵に対応。かなりタフな格安スマホ!

arrows M03は米軍規格準拠に対応。かなりタフな仕様になっています。
防水はIPX5/IPX8、防塵はIPX6Xに対応。
お風呂やキッチンの水回り、川辺や山などキャンプでも快適に使えます。

その他にはディスプレイは傷つきにくいGorilla Glass 3対応。
筐体は塗装が剥がれにくいフッ素系ハードコーティング仕様。
耐久性はとても優秀な格安スマホになっています。

省電力で電池は3日間の長時間対応

arrows M03は独自の省電力技術『NX!Tune』を搭載。
効率的にCPU性能を使うことで高い省電力性能・バッテリー持続性能を実現。
電池は最大3日間の長時間対応なのでビジネスで使う人も安心して使えます。

OSはAndroid 6.0搭載

arrows M02はAndroid 5.1を搭載していましたが、arrows M03では最新のAndroid 6.0を搭載。
arrows M02をお持ちの方でも今後を考えて機種変更をする価値はあると思います。

富士通 arrows M03/RM03 スペック

arrows M03/RM03
m03
CPUQualcomm
Snapdragon 410 4コア 1.2GHz
ディスプレイ5インチ IPS
HD(1280x720)
メモリ(RAM)2GB
内部ストレージ16GB
外部ストレージmicroSD(最大200GB)
リアカメラ1310万画素
インカメラ500万画素
LTE(4G)対応バンド1/3/8/19/26
3G対応バンド1/2/5/6/8/19
ネットワークWi-Fi 802.11 a/b/g/n
Bluetooth 4.1対応
バッテリー容量2580mAh
サイズ144 × 72 × 7.8 mm
重量141g
その他防水, 防塵, おサイフケータイ, ワンセグ対応

富士通 arrows M03/RM03 比較

arrows M03は3万円台のミドルエンドモデルです。
今回は3万円前後の格安スマホと比較していきます。
最近の人気種1台と前機種であるarrows M02と比較します。
最近の人気種はMoto G4 Plusです。性能よりもブランド力で人気のある1台です。

 arrows M03/RM03arrows M02/RM02Moto G4 Plus
m03arrosM02MotoG4Plus
CPUQualcomm
Snapdragon 410 4コア 1.2GHz
Qualcomm
Snapdragon 410 4コア 1.2GHz
Qualcomm
Snapdragon 617 8コア 1.5GHz
ディスプレイ5インチ IPS
HD(1280x720)
5インチ 有機EL
HD(1280×720)
5.5インチ
フルHD(1920x1080)
メモリ(RAM)2GB2GB2GB or 3GB
内部ストレージ16GB16GB16GB or 32GB
外部ストレージmicroSD(最大200GB)microSDHC(最大32GB)microSD(最大64GB)
リアカメラ1310万画素810万画素1600万画素
インカメラ500万画素240万画素500万画素
ネットワークWi-Fi 802.11 a/b/g/n
Bluetooth 4.1対応
Wi-Fi 802.11 b/g/n
Bluetooth 4.1対応
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n
Bluetooth 4.0対応
バッテリー容量2580mAh2330mAh3000mAh
サイズ144 × 72 × 7.8 mm141 × 68.9 × 8.6 mm152.9 × 76.5 × 7.87 mm
重量141g149g157g
価格3万2800円2万9800円3万2800円~3万8600円
性能をチェック

arrows M03はSnapdragon 410を搭載。
このCPUはarrows M02と同じCPUとなるので性能面では全く同じになります。
正直な所、arrows M03は性能面ではarrows M02と違いがほぼありません。
この点はarrows M02から機種変更をする場合のデメリットになるかと思います。

Moto G4 Plusと比較した場合は、Moto G4 Plusの方が性能面では上になります。
arrows M03が搭載するSnapdragonシリーズは400台と600台などがあります。
数値が大きい方が上位モデルとなるのでMoto G4 Plusの方が格上のCPUを搭載しています。

ディスプレイをチェック

arrows M03は5インチ HD(1280×720) IPSディスプレイを採用。
ディスプレイは前機種と同じ大きさになりますが、パネルは有機ELからIPSディスプレイに変更。
arrows M02の有機ELディスプレイは一時期不具合が話題なっていました。
有機ELの採用を見送ったのには裏事情があるのかも知れませんね。

カメラ周辺をチェック

arrows M03はリアカメラが1310万画素、インカメラが500万画素です。
前機種と比べると大幅にカメラ周辺が強化されています。
カメラ性能に関しては前機種よりも確実に向上しており、格安スマホながらも十分使えます。

Moto G4 Plusと比較した場合はリアカメラの性能で少々負けています。
しかし、十分に使えるカメラ性能を持っています。

バッテリーをチェック

arrows M03のバッテリー容量は2580mAhです。
容量としては前機種より若干ながら増量。
若干ながらもバッテリーの持続時間に貢献しています。
只、最近の機種は3000mAh前後を搭載している事が多いので若干少ない印象です。
もし外出先で長時間使う場合はモバイルバッテリーを用意するのをオススメします。
当サイトでは何度かモバイルバッテリーのレビュー記事を書いてますのでご参考にどうぞ。

徹底レビュー!Anker PowerCore 10000 コスパの良い最軽量・最小のモバイルバッテリー

富士通 arrows M03/RM03 レビュー・感想・評判

arrows M03は人気のarrows M02の後継機種です。
性能よりも機能が充実しているのが最大の特徴です。
正直な所、海外機種と比べると性能面では若干低い印象を受けます。
しかし、性能面ではなく機能面ではとても優れている格安スマホになります。

arrows M03の特徴としてはドコモ・au回線どちらにも対応。
auからドコモに乗り換えてもarrows M03はそのまま使えます。
スマホの機種変更が必要がないのでMVNOを利用している方でもかなり使い勝手が良いです。
その他には日本独自機能への対応に優れており、ワンセグ・おサイフケータイに対応。
arrows M02で人気のあった防水・防塵対応もしており、機能面ではとてもオススメできます。

発売後の評判は好評

7月下旬の発売直後から評判は好評です。
値段は3万円前後しますが、格安SIM会社のセット販売でお得に購入できます。

機能面ではかなり評判が良いですが、やはり性能面は少し物足りない印象です。
性能面では割り切って考えられる人にはオススメできる格安スマホになります。

arrows M03の特徴は、日本の独自機能に対応している点です。
海外メーカーから販売されている格安スマホは日本の独自機能などには大変していません。
世界で売れる為に値段は安く性能は高めにしているものの、国ごとの細かい機能・設定には対応してないです。
この点を富士通はうまく作り上げており、ワンセグやおサイフケータイなど機能面で優れています。

購入は格安SIM会社から買うのが一番お得

格安スマホは普段であればAmazonなどのネット通販で購入するのがお得です。
しかし、arrows M03はAmazonでの販売価格が格安SIM会社よりも高めに設定されています。
Amazonなどのネット通販で買う場合は大体5,000~7,000円前後高いです。
ネット通販であれば簡単に購入出来ますが、価格が高いので今回はオススメできません。

格安SIM会社から買う場合だと、各会社でキャッシュバックが行われています。
記事を書くために格安SIM会社5社ぐらいを見ましたが、Nifmoか楽天モバイルがオススメです。
Nifmoは定期的に行われるキャッシュバックキャンペーンでお得に買える機会があります。
楽天モバイルは本体価格が3万2100円前後(2016年8月上旬時点)なのでお得に購入できます。

富士通 arrows M03/RM03 価格表・購入方法

arrows M03の価格は大体3万2000円~3万8000円前後です。
購入方法は格安SIM会社やAmazonなどのネット通販で購入可能です。
購入に関しては先程説明した通り、格安SIM会社での購入がオススメです。
まずはキャンペーンがないかチェックするのがオススメです。
当サイトでは最新のキャンペーン情報について紹介をしています。
こちらで情報があるかチェックしてみて下さい。

楽天モバイル

楽天モバイルはarrows M03の本体価格が安くてお得です。
他社で購入するより数百円~数千円の差があります。
また、楽天モバイルのキャンペーンなどで更に安く購入することも可能です。

楽天モバイルのarrows M03/RM03を見る

Nifmo

Nifmoはキャンペーンなどで本体価格がお得になる場合があります。
こちらも楽天モバイル同様に本体価格が安いのです。
可能ならキャンペーンを利用してお得に購入するのがオススメです。

Nifmoのarrows M03/RM03を見る

Pocket

今月のオススメ格安SIMは楽天モバイル!

人気格安スマホの半額セール実施中!
Arrowx RM02が1万円台で購入可能!


スポンサーリンク


 - スマホ , , ,