コストモバイル

スマホのお悩みはコストモバイルにお任せ!

徹底解説!Android 6.0の新機能と普及率について

   

Pocket

2016年に入りAndroid 6.0へのアップデート情報などがちらほら出てくるようになりました。
Android 6.0は2015年9月下旬に発表されたAndroid 5.0からメジャーアップデートされたOSです。
Android 6.0は以前からコードネーム”Marshmallow(マシュマロ)”として噂されていたOSになります。
発表はされたもののAndroid 6.0にアップデート対応している製品はまだ少ないです。
Android 6.0についてはまだよく分からない人も多くいると思います。
今回はAndroid 6.0について詳しく紹介して行きます。

スポンサーリンク

徹底解説!Android 6.0について 使い方・アップデート方法まとめ

Android 6.0は2015年9月下旬に発表されたAndroid 5.0のメジャーアップデートされたOSです。
Androidシリーズはお菓子のコードネームがつくのが慣例で、Android 6.0はMarshmallo(マシュマロ)と呼ばれてます。

歴代のAndroidのコードネーム

  • Android 4.1/4.2/4.3 Jelly Bean
  • Android 4.4 KitKat
  • Android 5.0 Lollipop
  • Android 6.0 Marshmallow

2015年~2016年の主流のAndroidのバージョンについて

Android 6.0 image-01

2016年2月にGoogleが発表したAndroidのバージョン別統計データによると、主流のAndroidのバージョンはAndroid 4.4(KitKat)が35.5%で1位でした。
2位がAndroid 5.0/5.1(Lollipop)で34.1%、3位がAndroid 4.1/4.2/4.3(Jelly Bean)で23.9%でした。
海外の情報を含めているので日本のバージョン別で見ると、おそらくAndroid 5.0あたりが主力だと思います。
Android 6.0の統計データは6位の1.2%です。まだまだ主力になるには時間が掛かりそうな感じです。

2015年最新のOSなのにどうして普及してないの?

Android 6.0は9月下旬に発表されたOSです。普通に考えたらもう少し普及していてもおかしくはありません。
まだAndroid 6.0をサポートしているスマートフォンが少ない為、普及に時間が掛かっています。
2016年2月でAndroid 6.0をサポートしているのはNexus 6Pを中心とした2015年年末に発売された製品の数種類のみです。

Android 6.0 Marshmallowの新機能

Android 6.0でGoogleが正式に発表した新機能は大きく分けて6つあります。
詳細な情報は1つ1つ紹介していきますね。

Android 6.0 新機能

  • 指紋認証機能
  • USB Type-Cコネクタの正式対応
  • Android Pay(決済機能)
  • バッテリー持ちの改善(Dozeモード)
  • アプリの権限要求の改善
  • Google nowの改善

指紋認証機能

Android 6.0 image-02

Android 6.0では正式に指紋認証機能をサポート。
以前から指紋認証機能が搭載されているスマートフォンがありましたが、これはメーカーが個別対応していました。
Android 6.0からは正式にサポートされるのでかなり便利になります。
ログイン時のロック解除、Playストアのお支払い、アプリのログインなどを指紋認証できます。

USB Type-Cコネクタの正式対応

Android6.0 image-03

USB Type-Cは上下左右の区別が必要ないUSBコネクタです。
今までのUSBケーブルと違い、反対向きだから刺さらないなどの不便さを解消しています。
スマートフォンで搭載されているUSBコネクタはMicroUSBがほとんどでしたが、今後はUSB Type-Cが主流になるかと思います。
その他にもUSB Type-Cは映像出力用としても利用できるので、スマートフォンからディスプレイに映像を出力できます。
映像を出力しながらも同時にバッテリーの充電も可能なので、USB Type-Cを搭載するメリットは大きいです。

Android Pay(決済機能)

Android 6.0 image-03

Android PayはNFC(近距離無線)を活用した決済機能です。
Android Payに対応した店舗やアプリ内で利用可能で、クレジットカードとの連携ができます。
ただし、Android Payの対応は米国のみに限られており、日本では正式アナウンスがありません。

バッテリー持ちの改善(Dozeモード)

Android 6.0 image-04

Android 6.0ではバッテリーを長持ちさせる機能『Dozeモード』が用意されています。
Dozeモードでは、ユーザーが操作していない状態を検知してスリープモードに入ります。
スリープモード中は大幅に省電力化するので、バッテリーの持ちが約2倍に伸びるようです。
また、使用頻度の低いアプリに電力消費に制限を掛けるなど、バッテリーに配慮した改善が行われています。

アプリの権限要求の改善

これまでのAndroidではアプリ権限を許可する場合一括で許可する必要がありました。
Android 6.0では個別にアプリ権限の変更が可能となり許可・不許可ができるようになりました。
個人情報に関わる部分のみ不許可にしたりする事が可能なので、セキュリティの向上が見込めます。

Google nowの改善(Now on Tap機能)

Android 6.0ではホームボタンを長押しすることでNow on Tapが起動。
画面情報を解析して、Google nowが回答をしてくれます。

Pocket

今月のオススメ格安SIMは楽天モバイル!

人気格安スマホの半額セール実施中!
Arrowx RM02が1万円台で購入可能!


スポンサーリンク


 - スマホ