コストモバイル

スマホのお悩みはコストモバイルにお任せ!

【2016年4月】Amazonの人気格安スマホ1位~3位を徹底解説!スペックや評判のまとめ

      2016/04/16

Pocket

2016年4月のAmazonで人気のある格安スマホをご紹介。
数ある格安スマホの中でも人気のある1位~3位を徹底解説していきます!

スポンサーリンク

Amazon スマートフォン 売れ筋ランキング

Amazonの売れ筋ランキングは毎日1時間毎に更新されます。
今回は4月中旬のAmazon売れ筋ランキングを参考にしています。
価格やランキングは変動が激しいのでその点はご了承下さいm(_ _)m

今月の1位~3位はコレだ!

amazon.201604

今月は定番の格安スマホであるAcer / Liquid Z200が1位を獲得!
1万円以下で購入可能なAcer / Liquid Z200はサブのスマートフォンとしても使いやすいです。
2位はFREETEL / Priori 3 LTEです。Priori 3S LTEの一世代前のモデルです。
個人的にはPriori 3S LTEの方が良いんじゃないかな?と思いますが価格が魅力的なのでしょう。
3位は最近発売した新機種ASUS / ZenFone Goです。今後はもっと人気が出てきてもおかしくない格安スマホです。
他の機種は定番の人気機種ですが、ZenFone Goは今後に期待の新機種です。

1位 Acer / Liquid Z200

Liquid Z200
2015年2発売のAcer / Liquid Z200。
前回(2016年3月)のAmazon 売れ筋ランキングでは2位を獲得。
今回は1位を獲得しており、レビューや評判などを見ても人気がある格安スマホです。

Acer / Liquid Z200 スペック

Acer / Liquid Z200
Liquid Z200
CPUMediaTek
MT6572M 1GHz
ディスプレイ4インチ
480x800
メモリ(RAM)512MB
内部ストレージ4GB
外部ストレージmicroSDHC(最大32GB)
リアカメラ200万画素
インカメラ非搭載
ネットワークWi-Fi 802.11 b/g/n
Bluetooth 4.0対応
バッテリー容量13000Ah
サイズ126.5 × 65 × 10.3 mm
重量130g

Acer / Liquid Z200 人気の秘密

Liquid Z200は1万円以下で購入可能な格安スマホです。LTE非対応ではありますが価格はとても魅力的です。
Amazonで人気なのはこのお手軽に買える点が評価されているからだと思います。
もしLTE対応機種が欲しい場合はAscend G620Sを選び、LTE非対応でも大丈夫ならLiquid Z200を購入するとお得です。

Liquid Z200の価格は魅力的!LTE非対応なのが惜しい格安スマホ

Acer / Liquid Z200は価格が1万円以下のローエンドモデルの中でもかなり安い格安スマホです。
約7000円前後で購入可能なので、初心者の方にもオススメ出来る上に緊急時のサブ用スマホとしても利用可能です。
残念な点としては、Liquid Z200は1万円以下で購入出来るお手頃さがあるもののLTEには非対応。
「3G回線でのみでOK!」「親にプレゼント予定で、電話しか利用しない」などの割り切った使い方が出来る人にはとてもオススメです!

徹底解説!Acer / Liquid Z200 スペックや評判のまとめ

2位 FREETEL / Priori 3 LTE

priori3slte

2015年12月発売のFREETEL / Priori 3 LTE。
FREETELは5月までスマホとSIMのセット購入で1年間1GBのデータ通信料を無料にするキャンペーンを実施中です。
セット購入の対象にはPriori 3 LTEが入っているのでAmazonに限らず人気がある格安スマホです。

FREETEL / Priori 3 LTE スペック

FREETEL / Priori 3 LTE
priori3slte
CPUMT6735M
4コア 1.0GHz
ディスプレイ4.5インチ
854x480
メモリ(RAM)1GB
内部ストレージ8GB
外部ストレージmicroSD(最大128GB)
リアカメラ800万画素
インカメラ200万画素
ネットワークWi-Fi 802.11 a/b/g/n
Bluetooth 4.0対応
バッテリー容量2100mAh
サイズ132 × 65 × 8.9 mm
重量120g

FREETEL / Priori 3 LTE 人気の秘密

Priori 3 LTEはコストパフォーマンスに優れている格安スマホです。
スペックは1万円台ではそこそこの性能ではあるものの、現在はキャンペーンがあるのでお得感があります。
FREETELの格安SIMとPriori 3 LTEをセットで購入することで、1年間1GBのデータ通信料が無料になります。
このキャンペーンを利用するのが一番オススメです。

キャンペーンとの相乗効果で大人気!1年間1GBのデータ通信料が無料はかなりお得!

Priori 3 LTEは名前の通りLTE対応の格安スマホです。発売は去年で比較的最近の格安スマホになります。
性能は1万円台の中ではそこそこですが、コストパフォーマンスに優れています。
Amazonに限らずFREETELの製品は今人気があります。
人気の秘密は5月まで行われているキャンペーンになります。
freete201605

キャンペーン中にFREETELの格安スマホと格安SIM申し込むと1年間毎月1GBのデータ通信料が無料になります。
SIMカードの購入のみでも半年間は毎月1GBのデータ通信料が無料です。
かなりお得なキャンペーンなので、格安スマホと格安SIMに興味がある人はぜひ検討してみましょう。

3位 ASUS / ZenFone Go

zenfone go

 

2016年3月31日発売のASUS / ZenFone Goです。
ZenFone Goは2万円台で購入可能なコスパに優れた格安スマホです。
新機種ながらも今回は売れ筋ランキング3位を獲得!人気が出てきた格安スマホです。

ASUS / ZenFone Go スペック

ASUS / ZenFone Go
zenfone go
CPUQualcomm
Snapdragon 400 4コア 1.4GHz
ディスプレイ5.5インチ IPS
1280x720
メモリ(RAM)2GB
内部ストレージ16GB
外部ストレージmicroSD(最大64GB)
リアカメラ800万画素
インカメラ500万画素
ネットワークWi-Fi 802.11 b/g/n
Bluetooth 4.0対応
バッテリー容量3010mAh
サイズ151 × 76.9 × 10.7 mm
重量160g

ASUS / ZenFone Go 人気の秘密

ZenFone Goは人気ZenFoneシリーズの1台になります。
コストパフォーマンスを優先する為に性能については工夫がされています。
2万円台の格安スマホは一般的にはSnapdragon 410を搭載することが多いです。
しかし、ZenFone Goは価格を優先する為に1つランクを下げてSnapdragon 400を搭載。
また、リアカメラは1300万画素ではなく800万画素にしています。
細かな点を工夫する事で格安スマホの中でもコストパフォーマンスに優れています。
ZenFone Goは極限までコストパフォーマンスを優先しているので一長一短な点はありますが、価格で考えるとオススメの1台です。

ZenFone Goはコスパ最強の1台!今後の定番の1台になるかも

ZenFone Goはコストパフォーマンスが優秀な格安スマホです。
そして、2万円台で購入出来る格安スマホの中でもトップクラスの性能を持っています。
性能・価格どちらの面でも優れているZenFone GoがAmazonで人気なのは納得できます。
性能面以外でも嬉しい点としてバッテリー容量が他の2万円台よりも若干多めの3010mAhあります。
普通は2000~2500mAh前後なのでバッテリー容量は多い部類に入ります。
5.5インチの大きいディスプレイを採用していたり、満足度の高い格安スマホです。

徹底解説!ASUS / ZenFone Go スペックや評判のまとめ

Pocket

今月のオススメ格安SIMは楽天モバイル!

人気格安スマホの半額セール実施中!
Arrowx RM02が1万円台で購入可能!


スポンサーリンク


 - スマホ